So-net無料ブログ作成
有害物質 ブログトップ

セアカゴケグモ 画像 結構小さい!?毒は? [有害物質]


セアカゴケグモというクモが3日女性を噛んだとして、
その女性は病院へ運ばれた。


セアカゴケグモの毒はすごいらしく、

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ゴケグモ属の毒は神経毒で、咬まれると激痛を伴い、最悪の場合死亡することがあり非常に危険です。
毒の主な症状は痛みです。他に発汗、発熱、発疹が起こる場合があります。
全身症状を示す人はごく稀ですが、その多くは咬まれて3~4時間後に、吐き気、嘔吐、めまい、
頭痛、高血圧、呼吸困難、排尿困難、全身の関節痛などの全身症状を示し死に至ると報告されています。
胸部の痛みは心臓発作による痛みと間違われることもあります。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

実際やばいみたいです。。

そんなクモの画像は!?

kumo.jpg

結構小さい!?笑

ですが、こんなに小さいからといって毒は強力。。
怖いですね。

年間で10件は国内で噛まれる人がいるみたいです。

みなさんお気をつけて。


ヘキサメチレンテトラミンという食品保存料が原因で有害物質が生成? [有害物質]


群馬県、埼玉県の浄水場で有害物質のホルムアルデヒド
が検出されたことで、問題になっています。

まぁそりゃ問題になりますよね。。
浄水場といえば、水道水として普段使っている水をためておく場所です。


ホルムアルデヒドは聞いたことがあるくらい有名な有害物質。
なぜ検出されたのか。

原因はヘキサメチレンテトラミンという保存料にあります。

これは本来農薬などの有効効力を助ける補助剤。
そして、医薬品の原料としても使われています。

ヘキサメチレンテトラミンが塩素と反応するとホルムアルデヒドとなるみたいです。



えっ、やばくない?って思いますよね。。
身体への影響とかもめちゃめちゃ心配になります。。

しかし、海外ではほとんどの食品にヘキサメチレンテトラミンが入れられていて、
WHOという機関、この機関は世界保健機関ですが、
WHOが1日の摂取量を体重1キロ当たり0・15グラム。と定めいるので、
めちゃめちゃ安全であったはずなんです。



なので、日本の浄水場でも0・6~4トン程度は入れられていたみたいですね。

まぁ保存料としてです。

ですが、ヘキサメチレンテトラミンは塩素と反応して有害物質が生成されます。
これが家庭に入ってしまっては困ります。

なので、対策をしましょう。



最近はポット型もあるので、設置しなくてもいいんです。

この機会ですので、買ってみては?
有害物質 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。