So-net無料ブログ作成
ロシア ブログトップ

プーチン 12年間ロシアを支配する [ロシア]


5月7日ロシアの大統領選挙が行われ、
プーチンが大統領にまた選ばれました!

プーチン復活!!

1214.jpg


12年間ロシアを支配するとしましたが、
どういうことでしょうか。


プーチン大統領は2000~08年の間4年1期を2期就任していたので、
8年間、大統領をしてしまいた。
ロシアの規定ですと、連続最大2期までしかできないので
当然の辞退ということになりますが、


次の大統領はプーチン大統領の弟子、メドベージェフを大統領に向かえ、
指揮をとっていました。


4年後の今年、メドベージェフは任期を4年から6年に延ばし、
今回予想通り、プーチンが大統領就任!!



すごい戦略ですね。
これで、12年間大統領でロシアのトップに君臨しているでしょう。

7日にプーチン大統領は政府に投資拡大や国有企業の再編加速を指示する



新経済の確立を求める!

その内容とは?


・2015年までに設備投資の対国内総生産(GDP)比率を
現在の20%から25%以上に引き上げること

・2020年までに2500万人分の生産性の高いの雇用を生み出すこと

・2018年までに労働生産性を50%引き上げること

・天然資源への依存を軽減するためGDPに占めるハイテク製品の比率を30%引き上げること

などです!


これが実現されるとしたら、プーチン大統領の構想どおりなら
ビジネス環境の順位がどんどん上がり、18年までに20位となっているでしょう。


ここまで戦略家のプーチン大統領なら実現可能なことかもしれないですが、


そもそもなんでロシアがこんなに経済的に発達したのか!


その理由は原油にあります!


世界でオイルショックが二回ありオイルの値段が上がったということは
原油を多く持っている国は儲かります。

それに加え、イランという国がありましたが、
イランは原油めっちゃ持っています。

ですが、イラン戦争があったので、多くの国がイランからの原油輸入をやめる方向になっています。



そうなると儲かるのは原油を持っている国。

ロシアもその中の一つということですね。

プーチン大統領。。

こんなことまで戦略の中に入っていたのでしょうか?
もし戦略に入っていたのなら、戦争を引き起こした可能性がありますね。笑



調べてみると、プーチン大統領を覆す敵がまだいることが分かった!


アメリカだ!



アメリカがイラクを攻めた理由。
それは日本ではフセイン政権の大量破壊兵器計画が原因となっているのだが、

アメリカではグリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長(81)が17
日刊行の回顧録で、2003年春の米軍によるイラク開戦の動機は石
油利権だったと暴露し、ブッシュ政権を慌てさせている。

ということになっている。


石油奪っちゃった??笑



ロシアも涙目ですよ。。



ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ロシア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。